祭の日に

 久しぶりにということでもないが、東京へ出かけた。

 今回も演奏会を聴くことが主な目的であったのだが、お世話になっている先輩が住んで居り、またお気に入りの飲み屋がそこに在る仙川に立ち寄った。

 その日は晴れており、私の地元同様に蒸し暑かった。けれど、東京の暑さと東北の暑さは違う気がする。はっきりと、これだ、という決定的な根拠を示す勇気は無いが身体が感じるものとして「体当たりされるような」感触を得るのが東京の暑さ。

 対して「じわりと寄ってくるような」感触を与えるのが東北の暑さだ。

 

 駅の改札を抜けると、すぐに陽の光を浴びた樹木が視界に入る。この木々を、私はもう何度となく見てきたはずなのだが、その日は一段と輝いて見えた。

 街もその日は装いを日頃より一段と華美にしていた。祭りの日だった。

 無機質なタイルのような街の路地を歩くと、そこには若者たちが溢れている。その日限りの騒がしさの中に、自分たちの胸騒ぎを(それは青春と呼ばれる物だろう)重ね合わせているようだった。彼らの目つきは、どことなく何かに飢えている。

 思えば自分も、友人と祭りに出かけたころ、そのような気分を自覚したことがあった。その感情の根拠に、性欲が漲っているのか(これは安直すぎるかもしれない)、それとも誰かと一緒に過ごさなければならないという強迫観念なのか、今となってはわからない。

 

 自意識過剰だ、とよく親族に言われる。私はこれまで、目が覚めている内の大半を、他人の視線を気にしながら過ごしてきた。高校3年を終え、浪人生活で過ごした1年間が特に酷かった。予備校の門を出た途端、地上を歩くことがとても窮屈に感じ、地下道を通って(土竜のように)登下校をしたものだった。

 人数のある路を歩くと、誰かとすれ違う。そのたびに気にしてしまう。

 あの仙川に居た彼らも、どこかで他人の視線を気にしていたのではないか、とこの文章を書きながら思いを強くしている。

 

 

 自分たちの気が付かない(青春の)耀きを、彼らが見過ごすことが無いように祈る。

 

「路地よりの断章」(超掌編)

 その日も、風は海と陸の間を行き来していた。それが彼の仕事だった。生まれてこのかた一歩も故郷から出たことが無い彼は、時折、太陽の光が降り注ぐ路の端から端まで駆け抜けてみたいという思いを抱くことがあった。

 けれどもそれ以上に今は、自分が生まれた土地の人々や自然に恵みをもたらす己の役割が誇らしかった。良いことばかりではない。時に人々は彼を恨む。それが彼にとっては仕事ゆえの疲れであり、心地よい刺激でもあった。

 一日の仕事を終え、風は夜霧が濃く這い上がってくる路地を歩いていた。歩を進めるごとに、彼がこれまで運んだことのない空気が近づいてきた。時々、このような場面に出くわすことがあった。けれども今回はそれらと異なり、風の身体を熱くするものがあった。空気に触れると、今度は声が聞こえた。

「勝ってくるぞと勇ましくー、誓って故郷を出たからはー」その声の主は少女だった。

その声に、風は自分の足元を見失った。そこで彼は路地で仰向けになって寝てしまおうかと思った。もっとその声を聞きたい。近づきたい。そう思っていた矢先、誰かが風の前を横切って言った、「お兄さん、おっぱいどうすか?」

 

(了)

「スロット」(超掌編)

 絵柄がなかなか合わない。残業をせずに職場を出た僕は、ふらっとスロットへ立ち寄った。動体視力には自信がある。なんてったって僕は少年野球のエースだったから。けれど、どうにもうまくボタンと絵柄が合わない。仕事も遊びも思う通りに行かないということなのか。まったくもう、疲れてしまう。

 1時間粘ったが、降参。妻が待っている家へ帰ることにした。ゲームに勝っていれば、いい気分で土産の一つでも買ってやろうとおもったのだが・・・・・・。

 「おかえりなさい」と妻が迎えてくれた。「今日はハンバーグかい?」そういう匂いが玄関先まで漂っている。「いいえ、違うわ」「だったらなんだい」「秘密よ」どうやらその日は的外れが多いようだった。「今日はロールキャベツよ」「そうか、肉の匂いは当たったね」そうして僕らは舌鼓を打った。

 「ねえ、私のお腹を見て。何か思わない?」と彼女が言った。「もしかして」「そう」「男の子かな、女の子かな」「そんなのわからないわよ」僕らは新しい「家族」になるらしい。「キャッチボール、できるかなあ」と僕は今から、楽しみになった。「どっちでもできるでしょ。それよりパパ、お仕事頑張ってよね」すっかりママ気分の妻が言う。スロットのようにめまぐるしい日々がこれからやってくる。良いことや悪いこと、楽しいことや辛いことが待ち構えているのだろう。だけど僕はパパになる。生まれる子が男でも女でも、僕ら3人の笑顔が並ぶ家にしなければ、と拳を握ってパチスロへ駆け込んだ。

 

英文法総覧を読みはじめる

安井稔著『英文法総覧』(開拓社)を購入し、読みはじめました。

最近まで、澤井康祐氏の『一生モノの英文法COMPLETE』をテキストとして学習しておりましたが、ひとまずの区切りをつけました。

そのため次のステップとして選んだのが『英文法総覧』です。

購入に至るまで、様々なサイトやアマゾンのレビューを参照させていただきました。

この本に期待しているのは、学習参考書としての役割を果たすのはもちろんのこと、それと共に言語学的な視点からの知識を授けてくれるらしいという点です。

まだ、読み始めたばかりなので(本日時点で14ページまで)、これから様々な知識が紹介されることと思います。しっかりと読んで理解したいです。

 

今までは一ヶ月単位で、参考書の読破計画を立てていたのですが、仕事の都合やイレギュラーなことが度々起こるため思うとおりに進まず、自分を責めることがありました。今回からは、一週間単位での計画を立てて行くことで精神衛生上の問題を解決したいと思っています。ひとまず、6月25日(金)までに59ページ(第7章)を読み終えることを目標に設定しました。

仕事は、最近は去年に比べると早くあがることができるのですが、ジムに通いはじめたので時間を有意義に活用し、ますます英語にも力を注がねばと思った次第です。

 

それでは。    

 

風と少女

『風と少女』 ミチコ・ナリタ

 

風が鳴る

 

誰かが赤子を身ごもった夜

 

路地を一匹の風が歩いた

 

今ではもう

 

赤子の顔を知る者は誰も居ない

 

 

キンモクセイ薫る秋に

 

風は少女とすれ違った

 

名を聞く間もなく

最近の収穫(深井史郎『恐るるものへの風刺』)

 

 先日、有給をとって東京へ遠征した。

行先は神保町。目的は古書購入。この街は日本で最も古書が集まる地域で、ここに無ければ諦めようという思いで私は足を運んだ。

古書購入といっても、細かく言うと目的は二つに分かれていた。

一つ目は英文学関係の古書購入。友人(作家志望)が、彼のブログで紹介していたアメリカ詩の原文を見つけることだった。作者名や生没年はわかるが、まったくネットでは検索にひっかからない。友人に直接尋ねればいいだろう、と思われるかもしれないが、それができない。それが友達以上恋人未満の関係にある場合のプライドというものなのだ。

未訳の文芸作品を紹介するということは、大いに価値がある。そもそも、翻訳の使命とうのはそこにあると思うのだが、原著の紹介(作品の中身とはまた別の情報)をしてもらいたいという気持ちが訳者に対して湧いてくる。原文と訳文を見比べながら鑑賞できれば、作品に対する理解も深まるだろうし、何より翻訳者の実力を知ることができる。作品の中身さえ伝わればいいわけではないだろう。その作品を生んだ著者や成立年代背景、関連する情報を伝えて読者の視野を広げていく所までが翻訳者に求められるのではないかと、生意気ながら考えている。

自分が翻訳する場合は、ぜひとも作品のソフトとハードの両面を読者に提示して勝負したいと思う。

 

そして神保町に行った目的の二つ目というのが、音楽書の購入。この街には音楽書に関して抜群の品ぞろえを誇るK書店という本屋がある。そこに無ければ神保町で見つけるのは諦めることにしている。(といっても、今回は買いたい本を決めたうえで足を運んだわけではないが)今回もK書店に行き、棚とにらめっこをした結果一冊を購入。

深井史郎『恐るるものへの風刺-ある作曲家の発言』(音楽之友社)だった。

深井は戦前から戦後にかけて活躍した秋田出身の作曲家。メジャーなところで言えば「鳩の休日」という音楽の作曲を手掛けた。

彼は作曲家であると共に、文筆家であった。その活動の軌跡を本の中で垣間見ることができる。深井は同業者である他の作曲家に対して深い理解を示していた。

だからこそ文章で論じるのも達者であるということなのだろうが、関心したのがイタリアの作曲家アルフレッド・カゼッラに関する文章だった。詳しくは多くの方々にも実際に目を通していただきたいので書かないが、自身が作曲家であるからこそ書くことができるのだろうか、と到底私には論じることができない領域で考察をしていた。

なんとも読み応えのある本なので、繰り返し読んで深井の思考回路(というか文体)を吸収したいと思う。

そんなこんなで神保町探索はなかなか良い収穫を得て終わった。

腐女子の脳内に迫る(短絡版)

成田美智子の人文サークル「亀頭庵」の取り組み。その中核を成すのが、「性欲」に関する取組みです。自分のことはどうでもいいのですが、他人の性欲に尋常じゃない興味があります。できれば、他人のセックスをのぞき見したい。

今回は、先日のゲイビに続き、関連分野である(?)「腐女子」の皆さんに迫りたいと思います。

といっても、長く書きませんし考察ではありません。雑感と言ったほうが適切なことを箇条書きしていきます。

 

腐女子の皆さんを、ここでは「男性同士の恋愛、性交に対して興味を持ち、接する女性」と定義させていただきます。

 

その上で、雑感の箇条書き。

1:腐女子は大多数が異性愛者。(大多数、というのはそうではない方々もいらっしゃるだろうという、予測によるため)

2:腐女子は男性同士の恋愛の中で、自らの恋愛をも行う。BLコミックを読む方々がその最たるものではないかという予測。というか希望。複数の登場人物全てが、女性にとっての「恋愛対象」に成りうる。

物語の中で展開されるのは、男性同士の恋愛。しかし、読者(腐女子)は第三者として恋愛の様子を俯瞰しながら、自らの脳内で登場人物との恋愛を展開させることができる。

3:2のような、脳内恋愛によって腐女子は、BL作品の男性にとって唯一の「異性」となり、彼らを独り占めすることができる=性欲が満たされる。

 

4:3のような性欲を満たす行為の一環として、(あるいは脳内恋愛の延長として)

「マンズリ」(女性のオナニーの意)を実行する!!!!!!!!!!!!!

 

とても興味深いです。男性が、女性同士の恋愛を扱った作品を観賞する際にも同様のことが起きているのでしょうか。

 

以上、雑感でした。他人の性欲はおもしろい。自分のはどうでもいいけど。