読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間と仕事の観覧車

私は、新書を読む事が好きなので、これからはそれらの体験を通して考えたことを書いていきたいと思います。 学生時代は、読書というとほとんど新書読みに徹していました。なんで小説とか文学作品に向かなかったのかなぁと、ひたすらに学生時代の自分を張り倒…

小説を読む ポプラ社『百年文庫』シリーズ

当ブログ最初の記事「啓告」でも触れましたが、私はこれまで他人の文章作品(小説)をあまり読まずに生きてきました。この点に関して、反省すると共に焦りを感じています。 だからといって、急激に長編小説を読みはじめたところで小説を読むことに関しての「…