読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌備忘録3

信号が青から赤になるときの瞬きのような口づけする

 

春の雪行き交う街の足下に地が割れた日の残響を聞く

 

図書館で迷う児童を見つけては文豪たちが手招きをする